分かりやすい教え方!5つの技術がある

皆さんこんにちは!えばです。

今日は『分かりやすい教え方の技術』というタイトルにしたのですが、

私がこれまでいろんな人に教えてもらった経験や、教えてきた経験から
『理解してもらいやすい教え方』
についてまとめてみたいと思います。

 

分かりやすい教え方の技術

私はこのブログを通して“ネットで稼げる方法”を教えたいと思っています。
そんな私が
人に教える技術についていろいろ試行錯誤してきました。

 

教わった人が理解できて
行動を起こし
望むゴールを達成できるように!
そんな目標意識を持ち、勉強して工夫して、本質を理解しないと上手な教え方はできないと思います。

 

私もこれまでの人生経験の中で

  1. 教えてもらった経験
  2. 教えた経験
  3. 教える技術を考えてみた経験

があります。

 

そこで、私が思う分かりやすく教える5つの技術をご紹介します。

 

初心者にわかりやすいのは『順番法』

 

最近知り合ったすごく実績を出されているアフィリエイターさんがいます。
もはや、私と同じ『アフィリエイター』というくくりでは収まらないような方で、すでに多くの方をコンサルして教えられている方です。
その方が私に教えてくれたことがありました。

コンサル生にどうやって教えているか!

 

私はコンサル生ではないので、その方の有料級のコンサル内容は聞けませんが、コンサル生にどんな風に教えているのかちょっとだけ聞くことができました。

 

それは、超初心者でもわかりやすい♪教える技術が隠されていたのです!

  1. 0から1を初める時につまずくポイントを全部洗い出して
  2. それを正しい順番で並べ
  3. 1つ1つを細かく区切ってタスク化し
  4. 超わかりやすく動画で解説し
  5. タスク(ミッション)完了したかチェックさせ
  6. それを確認して
  7. フォロー(サポート)する。

 

という流れでした。

 

これを聞いた時、

「私もこの方法で初心者の時に教わっていたら、迷うことなくスムーズに収益化できるまでたどり着けてたかも!」と思いました。

 

つまり、その方の教え方というのは、


初心者のレベルまで視点を落とし
自分がノウハウをしっかり理解していて
とっても細かい説明で
迷いのないように順番で誘導する。

ということでした。

 

まさに、手取り足取り、かゆいところにも手が届くようなサポートであり
分かりやすい教え方の技術ですよね!

 

つい
「私にも教えてください!」
って言いたくなりました笑

 

やって見せる!『山本五十六』式

 

私もこれまで“人に教える”という経験が多々ありました。

 

  • 子供たちに教える
  • 職場で新人さんに教える
  • アフィリエイトを初心者さんに教える
  • 外注さんに記事の書き方を教える

 

そんな時に悩むことは

「教えた後に、その人がちゃんとできるように行動を起こしてくれないとだめ」

ということだったのです。

人に行動を起こさせるってすごく難しいことですよね。

 

アフィリエイトでも”物を売る”ためには、自分の記事に訪問してくれた読者さんが、記事の中で「買いたい!」と思わせ、購入するためにアフィリリンクをクリックして販売サイトへいってくれないと稼げません。

 

人に行動を起こさせる
というゴールを達成する方法として

とても端的でわかりやすく、的を得ている言葉をご紹介します!

 

太平洋戦争中の海軍大将だった
山本五十六
(やまもと いそろく)
という軍人さんです。

連合艦隊司令長官としてあの有名な戦艦大和にも乗っていました。
この山本五十二氏の言葉は『名言集』にもなっています。

そして一番有名な名言がこちら↓

やって見せ
 言って聞かせて
させてみせ
 褒めてやらねば
人は動かじ

 

 

この名言にも続きがあります。

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。」

「やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

 

 

とても深いですよね!

楽天市場にクリアファイルも販売されています笑

人に行動を起こさせる教え方とは
“自分もやってみせる”ことから始まるんですね!

 

 

知っていると知らないの間の壁

人はこう思いがちです。

「勉強したくないな~」

「あの人すごい事言ってるな~」

「なんの話かわからない??」

「私はそんな事も知らないな…」

自分が「知らないな~」と思っている間は
”知らない事” ”知っている人”に対してネガティブな感情に襲われます。

私もそうです笑

 

でも

意外に思うのが

 

知らない



知っている

 

この間の壁って低い(薄い)!

 

今は知らないからそれをすごく高尚な事のように感じて、知らない自分を悲観してしまうけど

「知ろう!」と思って習えば、案外その間の壁は低くて、すぐに乗り越えられて、「わかった~☆」という着地点にたどり着ける♪

これまでの自分の体験から、そんな事がすごく多いように思えます。^^

 

 

抽象には具体例で説明する

 

私もこれまで何度かセミナー講師をする機会がありました。

そんな時はすご~く緊張するんですが、
それと同時に「どうせやるなら聞いてくれる人にわかりやすく伝えたい」と思って資料やテーマや内容を考えました。

 

分かりやすい教え方の技術っていうのを勉強したりもしました。

その中の1つが

抽象と具体を使う

というテクニックです。

 

何かノウハウを伝えるとき
大きなくくりで正しい事を話しますよね。

言い換えれば『抽象的な説明』になります。

でも、それはわかってるけど実際に行動するとき迷う…

しかも初心者さんだと難しい用語とか、初めて聞くノウハウは理解しにくい…

だから具体例を差し込むのです!

 

 

「例えば、こんな話しがあります。
・・・・」

という感じで。

逆に「分かりにくいな~」と思う講義は

  1. 全部、抽象的な話しばかり
  2. 難しい言葉を使う
  3. 画像がない
  4. スライドが見にくい
  5. 話し方が単調…
  6. 顔が無表情
  7. ジャスチャーがない

 

そんな講義を聞くと
「わかりにくいな^^;」「あ~しくじってんな~…」と思います。

 

でもそこで批判的に終わらせるんじゃなくて
「なぜこの講義はわかりにくいと思ったのか?」
と考えて、リストアップして仮説を立ててみるんです。

私が立てた仮説が上にあげた7つで、

そうすれば、自分が講義をしなきゃいけない時に、その7つの仮説をしないように意識すれば「わかりやすい講義」になっていきます。

 

 

親身になって寄り添う

今は沢山の方(アフィリエイト仲間や先生と言える方)とのお付き合いがあります。

そんな中で、時に熱心に教えてくださる方もいます。

 

実は私は、新しいことに挑戦する時「ポカ~ン」としてしまう不器用な人間で、しっかり腑に落ちるまですごく時間がかかります^^;

 

でも、それでも丁寧に教えてくださる方もいて、すごく嬉しいし、「この方の好意に報いるためにも頑張らないと!」と思えます。

 

上で上げたような「具体例」などを入れることって実は面倒なことなんですが、そこまで差し込んで分かりやすく教えてくださったり。

そんな感謝の想いと体験から言えるのは
どれだけ教える相手の立場にたって、分かりやすく教えれるかという『教える相手への思いやり』

一番、”分かりやすい教え方の技術”なんじゃないかと思います!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

えば
 
LINE@にて最新の情報発信と、個別のご質問を受け付けております!

お友達登録特典
私が使っている『作業日報』を無料プレゼント中です!
”時間を制するものが人生を制す”
ぜひ受け取って、参考にしてみてください^^
⇩⇩⇩
友だち追加 


挑戦したい人のためのアフィリエイト構築術
あなたはこんな希望が
ありませんか?

■副業でお金を稼ぎたい!
■家計の収入を増やしたい!
■依存しない"自由な人生”を手に入れたい!
■情熱を燃やせることを始めたい!
■ネットで稼ぐスキルを身につけたい!
■ずっとあきらめていた人生を変えたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自分で稼ぐスキルを身につければ"自由でワクワクする人生”が待っています。そのために今新しい挑戦を始めましょう。 そんな人を全力で応援したい! 挑戦したい人のためのアフィリエイト構築術をまとめています^^/