地頭がいい人にはどんな特徴がある?

地頭がいい人にはどんな特徴がある?

こんにちは、えばです^^

えば
  あなたは最近『地頭(じあたま)』という言葉を聞きませんか? 

私はネットビジネスを初めてしばらく経った時、一番の目標が「お金を稼ぎたい」から「頭が良くなりたい」に変わった時期がありました。

ちょっとおかしな話ですが本気で思ってました。

頭は誰でも何歳からでも良くすることができます!

この記事では、最近よく聞く『地頭』についての話をまとめてみました。

 

地頭について【NewsPicks】の記事で学ぶ

 

今回の『地頭』に関する内容は、私が思っていることではなく情報源があります。

あなたはNewsPicks(ニューズピックス)という情報サイトを知っていますか?

ロゴがこちら

著名な方が数々登場していますし、ビジネスの最新のニュースや見解が知りたい方にとっては最適なサイトです。

公式Twitterがこちら

 

えば
  私はTwitterをフォローし、スマホにはアプリを入れているので、興味深い記事があれば読んでいます。 

 

そこで『地頭』についてですが、

えば
  このNewsPicksの最近記事に面白い情報があったので、私なりにご紹介する形でまとめてみます。 

 

「地頭がいい人」とそうでもない人の決定的な差

 

作家、書評家の印南敦史氏が東洋経済オンラインに書かれた記事です。(NewsPicksにて記事が紹介されていました)
こちら
「地頭がいい人」とそうでもない人の決定的な差

 

AI(人工知能)の発達によって、人間がやっていた仕事がAIにとって変わるだろうと言われています。

特に頭がいい人がこれまで行ってきたような知識労働こそAIが得意とする分野というのです。

従来の優等生がAIに仕事を奪われる
といっても過言ではありません。
 
この本にまとめられています。
入門『地頭力を鍛える』 32のキーワードで学ぶ思考法
(2019/7/26出版)

入門『地頭力を鍛える』 32のキーワードで学ぶ思考法

 

この本の著者は細谷功氏です。

内容紹介
シリーズ累計25万部のロングセラー『地頭力を鍛える』著者が説く

戦略的思考、ロジカルシンキング、地頭力、無知の知、メタ認知・・・・・・

32のキーワードの基本と使い方、
【WHAT:何?】【WHY:なぜ?】【HOW:どう使う?】
がすっきりわかる。

 

『地頭力』3つの種類

地頭力とは主に3種類ある。

  1. 「結論から」考えるのが“仮説思考力
  2. 「全体から」考えるのが“フレームワーク思考力
  3. 「単純に」考えるのが“抽象化思考力

それにプラスしてベースに

  • 論理的思考力
  • 直感力
  • 知的好奇心

もある。

地頭がいいとは?どんな人のこと?

「地頭のよさ」とは、「知識を詰め込んだのではなく、柔軟な発想ができて新しい分野にも短期間で対応していく力を持っていること」となるのだろう。

えば
  確かに学生の時にテストの点数が良かったこととはまた違う才能のようですね 

 

*画像:https://toyokeizai.net/articles/-/296282?page=2

ビジネスと『地頭力』の関係

 

細谷功氏は、ビジネスに必要な3つの知的能力があるという。それは

  1. 「物知りである」業界の知識や、専門知識がある
  2. 「対人感性が高い」感情がつかめコミュニケーションができる
  3. 「地頭力」考える力、思考能力が高い

 

えば
  「あの人は頭がいいね」と言われる人は、この3つを兼ね備えていることが多いということです。

 

知識力と地頭力の違い!学校の成績は関係しない『地頭力』

 

*画像:https://toyokeizai.net/articles/-/296282?page=3

実社会では、これまで前例がないことを問題解決する時に正解などありません。

なので“自分で考える力”が必要になります。

これまでの日本社会では知識が重宝されてきました。

えば
  しかし、正解などわからない未来のことは、思考することによっていくつもの仮説やプロセスを考えることになるのです。 

対人感性力と地頭力のアンバランス

対人感性力”とは、相手に共感してコミュニケーションを上手くとることです。

一方で“地頭力”は、自分の頭で考えることなので時には相手の意見と違ったりもします。

共感というより論理的な考え方で、時には批判的にも考えます。

 

地頭力を発揮しつつ、対人感性力も持つには?

 

それは、地頭力で考えている段階ではクールに!
しかし実行する時には、合理性や効率性を最重要視しない柔軟な対応を行います。

 

『地頭力』の特徴まとめ

 

地頭力の要素 内容
仮説思考力 限られた時間と情報で仮の結論を導き出してみるという仮説思考は、特に変化の厳しい現代に求められる能力です。
フレームワーク思考力 「全体から考える」フレームワーク思考は、思考の癖を認識し、矯正するために有効なツールです。
抽象化思考力 「単純に考える」抽象化思考は、具体→抽象、そして抽象→具体という「具体と抽象の往復運動」によって生まれます。
知的好奇心 「既知のものと未知のもののどちらに興味を示すか」がわかりやすい知的好奇心の強さの目安です。
論理的思考力(ロジカルシンキング) ロジカルに考えるというのは、思考力の基本中の基本です(が、それがすべてだというわけでもありません)。
直観力 知識と経験はここで思考力と深く関連してきます。思考の基になるのが知識と経験であり、そこから出てくるのが直観です。

 

 

地頭力は生まれつきではない!誰でも鍛えられる

 

地頭力とは「知識を組み合わせて新しいアウトプットを生み出すための考える力」ということであり、そういう意味では「地頭力を鍛える」ことは誰でも何歳になっても十分に可能だということです。

 
細谷氏の本はこちら
入門『地頭力を鍛える』 32のキーワードで学ぶ思考法 [ 細谷 功 ]
 

入門『地頭力を鍛える』 32のキーワードで学ぶ思考法


 
こちらの『抽象と具体』も有名です。

具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ


 

最後までご覧いただきありがとうございます!

えば
 
LINE@にて最新の情報発信と、個別のご質問を受け付けております!

お友達登録特典
私が使っている『作業日報』を無料プレゼント中です!
”時間を制するものが人生を制す”
ぜひ受け取って、参考にしてみてください^^
⇩⇩⇩
友だち追加 


挑戦したい人のためのアフィリエイト構築術
あなたはこんな希望が
ありませんか?

■副業でお金を稼ぎたい!
■家計の収入を増やしたい!
■依存しない"自由な人生”を手に入れたい!
■情熱を燃やせることを始めたい!
■ネットで稼ぐスキルを身につけたい!
■ずっとあきらめていた人生を変えたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

自分で稼ぐスキルを身につければ"自由でワクワクする人生”が待っています。そのために今新しい挑戦を始めましょう。 そんな人を全力で応援したい! 挑戦したい人のためのアフィリエイト構築術をまとめています^^/