エッセンシャル思考とは?本の要約①

エッセンシャル思考とは?本の要約①

こんにちは、えばです^^

えば
  あなたは「エッセンシャル思考」という本を知っていますか? 

この本がおすすめな方は
■時間があまりない
■仕事を上手くこなすのでどんどん増えていく
■かなりの量の仕事をしている
と感じている方です。

この記事では『エッセンシャル思考』の要約をまとめてみました!

 

 

エッセンシャル思考という本の評価は?

 

著者はグレッグ マキューン氏

Apple、Google、Facebook、Twitterのアドバイザーを務める方です。

99%の無駄を捨て1%に集中する方法が書かれています。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする [ グレッグ・マキューン ]

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする


全米でベストセラーとなった本です。
2014年に翻訳され日本でも発売。
2015年「ビジネス書大賞」書店賞を受賞!

漫画版も出版されていますよ。

マンガでよくわかるエッセンシャル思考

 

えば

さあ、あなたも今すぐ
99%の無駄を捨てて
1%に集中しましょう!  

 

『エッセンシャル思考』本の要約です①

本の冒頭には、このエッセンシャル思考を推薦する著名人の感想が書かれています。

ダニエル・ピンク(『モチベーション3.0』著者)
クリス・ギレボー(『1万円起業』著者)
アダム・グラント(『GIVE & TAKE』著者)
ティム・ブラウン(IDEO社CEO)
レイド・ホフマン(Linkedinの創業者)

偉大な成功者たちが本の感想をのべて称賛されています。

えば
  この書き出し方は『7つの習慣』と似てます。内容にとても興味をもてる始まり方です。 

 

エッセンシャル思考とは?

 

  • 自分にとって本質的な仕事だけをやり、それ以外の仕事はすべて無視する。
  • どんなに無茶でも「やります」と言っていたらどんどん仕事が増えていく。
  • 大量の仕事でストレスがたまり、仕事の成果も中途半端になり、仕事の質が下がっていく。
  • 周囲の期待に答えようとがんばっていたのに、結果的に評価が下がっていく。
  • 仕事を減らすことを考え「断る」ことを始める
  • 一番重要だと言いきれる仕事しか受けない。
  • 人に任せることを覚える。
  • 必要ない会議は断る。
  • やるべき仕事を選ぶようになると、時間と気持ちに大きな余裕が生まれる!
  • きちんと計画を立てて進められるようになる
  • あらゆる方向に1ミリずつ進まず、これと決めた方向に全力疾走する
  • 仕事にやりがいを感じられる
  • プライベート時間もゆっくり楽しめるようになる
  • 仕事の質が高まるので会社から評価される
  • 合言葉は『より少なく、しかしより良く』
  • 世の中の大半のものはノイズである。実は不要なものが多い。
  • 自分の時間とエネルギーをもっとも効率的に配分し、重要な仕事で最大の成果を上げる。
  • 何かを取るために、何かを捨てる
  • 流されない人になる
  • 本質的なこと(最重要なこと)だけを選ぶ
  • 成功と充実感を与えてくれる。日々のプロセス(仕事)を心から楽しめるようになる。
  • 優秀な人ほど「成功のパラドックス」におちいる。頼れるから仕事が増える・・・
  • 多くの選択肢を持つと心理学でいう「決断疲れ」が起こる
  • 選んだ行動をやりやすくするには習慣化する。
  • 意志の力を使わなくていいように行動を仕組み化する。
  • つながり過剰や情報過多に振り回されている
  • 「全部手に入れよう、全部やろう」という考え方では、忙しい日々にもっと活動を詰め込もうとする。そして何かを失う。
  • 自分で選ばない人は、他人の言いなりになってしまう。
  • 他人の期待に合わせるより、自分に正直に生きる勇気をもつ。
  • やることを減らし、人生をシンプルにして、本当に重要なことだけに集中する。
  • 「エッセンシャル思考」という本は、人生の片づけコンサルタントのようなものだ。
  • クローゼットの服も「大好きか?すごく似合うか?しょちゅう着るか?」と考えて捨てる。
  • 選ぶ基準は「自分は何が好きか?」「自分は何がいちばん得意か?」「世の中のニーズに貢献できるのは何か?」で問う。
  • 「ノー」という勇気を持ち、なるべく相手を傷つけないように断る思いやりは必要。
  • 私達は「どんな選択肢があるのか?」にばかり目を向けて、「選択肢を選ぶ能力」を見過ごしてきた。
  • 長い経験によって無力感を身につけると「そこから逃れる」という選択肢があることを忘れてしまう。
  • 哲学者ウィリアム・ジェイムスの名言「自由意志の最初の一歩は、自由意志を信じることだ」
  • 根性で仕事をこなそうとしていないだろうか。人は幼い頃から努力の大切さを教えられて育つ。しかし限界がある。
  • やることを減らしたほうが生産性が上がる場合もある。
  • 努力は大切だが、努力の量が成果に比例するとは限らない。
  • がむしゃらに頑張るより「より少なく、しかしより良く」努力した方がいい。
  • 『80対20の法則』成果の80%は努力の20%に起因している。
  • とりわけ重要な問題だけにリソースを集中させる。
  • 世界一の投資家ウォーレン・バフェットは『少数の投資先だけを相手にし、一度買ったら長い間保有し続ける』見極めて多くに手を出さない。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

えば
 
LINE@にて最新の情報発信と、個別のご質問を受け付けております!

お友達登録特典
私が使っている『作業日報』を無料プレゼント中です!
”時間を制するものが人生を制す”
ぜひ受け取って、参考にしてみてください^^
⇩⇩⇩
友だち追加 


挑戦したい人のためのアフィリエイト構築術
あなたはこんな希望が
ありませんか?

■副業でお金を稼ぎたい!
■家計の収入を増やしたい!
■依存しない"自由な人生”を手に入れたい!
■情熱を燃やせることを始めたい!
■ネットで稼ぐスキルを身につけたい!
■ずっとあきらめていた人生を変えたい!

2 件のコメント

  • おはようございます。
    この本の大切な部分を全部書き出してくださってありがとうございます。
    あとはこれを現実世界で実行できるかどうかにかかっていますね。
    一点集中で取り組むことができれば成功しないわけがありませんね。

    • takafumiさんいつもありがとうございます!私もこれまで何でも引き受けたり、いろいろやろうとしてきたりして失敗してきたので、その理由がわかった感じです。一点集中は大事ですよね!^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    自分で稼ぐスキルを身につければ"自由でワクワクする人生”が待っています。そのために今新しい挑戦を始めましょう。 そんな人を全力で応援したい! 挑戦したい人のためのアフィリエイト構築術をまとめています^^/